2006年06月01日

ce0539b4f26e1edfdaa1ed9733c4397c.jpg

最初にパクッと一口入れたゴハンを器の外に置くのは何故?

最近のテンの食事方法です。
不思議
これらの、ぺっされた食物は、食事終了後に食される場合もあるが、
そのまま放置される事も、多々ある。

食後のデザート?

米粒の場合は、コレがなかなか厄介
知らずにこのペッ近辺を歩くと、当然ながら足裏にペタッ!
むーーーー

一体この減少をどう理解すれば良いのだろうか・・・

9b4c3aa5c271e2ae6b2f454b553cb9fb.jpg
ペッペッ が いっぱい

リュウちゃんの夢

私はサンダル履きエプロン姿で、近所を歩いていた。○△自動車工場の近くを・・・
「おはよぉ〜 散歩?」
と、声をかけてくれたのは、ベルママ♪でした。テンの憧れ熟女バーニーズのママさん。
「リュウちゃんを 床屋さんに出したんだけど、そろそろ出来てるかと思ってお迎えに行くところなんだけどねぇ・・・ ベルママんは、散歩?」
ベルママは独りで歩いていた。 気がつけば、何故か周辺は人が多く何処かの朝市のよに賑わっていた。
「うちも散歩しようと思って、家を出る時にちょっと話し出しちゃって、先にベルとクッキーをふたりだけで散歩に出したんだよねぇ・・・ 散歩コースの反対から向かえばそのうち会えるかと思って来たんだけど・・・」
「そうなんだぁ  いつもお利口さんで偉いよねぇ 」
私とベルママとしばし話をしながらお互いのワンコを目指して歩いた。

 すると、凸凹煎餅工場のそばまで行くと、リュウちゃんがドーンと大きくひときわ目立つ街路樹の木陰の鉄棒のような物に繋がれていて、私を見つけてパタパタワクワクしているのが見えた。
「あはぁ〜 いたいたぁ♪ ほぉ〜 綺麗になってるじゃん」
「あら、リュウちゃんかわいくなってるぅ〜♪」
と、ベルママもほめてくれたぁ。
  でもでも、ワクワクしちゃダメダメ! 心臓に悪い! また失神しちゃうから、ダメダメダメ・・・

「あっ、ベルとクッキーも居た居たぁ♪」
彼らが公園のほうから、のっしのっしと優雅にふたり並んで、静かに人の波間をこちらに向かって歩いていた。ママを見つけてクッキー君が、ワンと一声嬉しそうに吠えた。
ベルママは彼らの方へ道を左に曲がり、私は道路を横断して、リュウちゃんをお迎えに行った。

「リュウちゃん、お疲れさ〜ん♪きれいになったねぇ〜 あはぁ〜 よかったねぇ はいはい良い子良い子♪ 心臓バクバクだから、落ち着いてね。 ヨシヨシ 大丈夫!・・・」
私はリュウちゃんの長くてどよ〜んとした体を抱き上げた。 へにょへにょ毛の感触とテンとは違うまったりした柔軟な体 そうそう コレコレ!

私はリュウちゃんを抱き、ベルママはベルちゃんとクッキー君のリードを持ち、 今来た道を家に向かって歩き始めた。
「テンちゃんは?」
「家でお留守番。 ヤツが一緒じゃガルガルで落ち着かないからさ。家に帰ったら、みんなでまったり遊ぶのよ〜ん♪」

人の波をのろのろかきわけながら歩いて行った・・・


夢のは不思議がいっぱい。
うちの近所で朝市なんてあり得ないのに私もベルママも当然のように歩いていた。 それに何故か私の夢は朝市やお祭りのような場所が多い。 リュウちゃんの床屋にして、私がほとんどカットしてたわけだし、幼稚園の送り迎えのように、集合解散場所がバス停のように存在してることを不思議に思っていないこと。 ベルママだって犬達だけで散歩に出すなんて有るはずは絶対にない。


夢の不思議って面白いね

35c422e0d12fb3b2cdb3a87fb26653bc.jpg

怪しげな男同士をニッコリ見守る優しい心の持ち主は
テンの憧れの人(犬)
かん | 11:07 | コメント(18) | テン