2006年03月02日
「ふせんバラバラ事件」

昼休み。
家のドアを開けると同時くらいにテンが耳を下げ尻尾を尻ごと振り抜いて「おかえり〜♪」と迎えてくれる。

しかし,今日の昼は違った。
テンの姿は玄関からは見えなかった。
おやぁ〜ん??? 何かあったか…

しーんと静まったリビングにテンの気配が感じられない。おかしい?
何かが違う! どこだ?どこだ? ヤツはどこだ?

居た!
白い長い物体がソファの上にじーーーーっと耳を下げてうずくまっていた。
「あれ〜 テン君ただいまぁ〜♪ どうしたのお?」
私はテンを撫でようと手を出したとき,やっと部屋の異変に気が付いた。
グリーンの小さな紙がひらりと一枚,床に落ちていた。あれ?何だぁ?
拾おうとした先に,今度はピンクの紙が… 周辺を見るとブルーやパープルやイエローや… 何何何何何一体何 

ギャーーーーーン 正体判明!

テンのバスケットのそばに文房具等を入れた引き出しがあった。そしてその引き出しのひとつが開いていた。 ピンクやブルーのあざやかな紙の正体は付箋とメモ用紙。ご丁寧に一枚一枚剥がしてバラバラくちゃくちゃされていた。

でゃぁぁぁ 今日もランチの前に掃除かぁぁぁぁ

拾い集めていくと,他にもいろいろ落ちていた。
リモコン,定規,定規のカバー(ボロボロじゃん),タイガーバーム(蓋は閉まってたよ),台ふきん…

   )TpT( イヤーーーーーーーーン

しかーーーし,本日は収穫ありました!
テン君が,「悪い事しましたでち。」と自覚していた事でっす!!
耳下げて,うずくまってこっそり隠れてたでち♪
良い事・悪い事を判断出来るようになって来たんかぁ。

ちょっと,オトナになったじゃ〜ん♪