2006年01月23日

3e8d2a6d5e7088b50b16adcf42cdda8a.jpg

どう?

ガウガウなんですよぉ。噛みつくかもしれません。
もしも手におえなかったら途中でもいいから電話くださぃ。

2時間後

終わりましたぁ〜♪

床屋さんにお迎えに行くと,
ドアの向こうに元気にバタバタしているウエスティが居たぁ〜
お〜お〜 ウエスティみたいに見えるよぁ

よい子でしたよ とにかく遊びたいんだね。
カットした自分の毛をオモチャにして遊んでましたよ
でも,カットは嫌ではなかったみたいで,
噛みついたりしませんでしたよ

良かったぁ 本当に良かったぁ〜
またヨロシクお願いしますと行って床屋さんを後にした。

二度と来ないで!って言われなくて,ホント,良かったぁ

それから,雪降りましたねぇ。天気予報大当たり

  床屋さんに行く朝。5センチくらい積もっていた雪の感触を初体験しに少しだけ外に出てみた。散歩というには短いけどテンは初めての雪に怖がるでも寒がるでもなく,頼もしくずんずん進み,立ち止まってはクンクンパクパクと,雪を食べていた。

楽しそうだね♪ 

 そして,床屋さんへ行く為に車に乗ろうと,車の用意を待っていたとき,通りすがりの人にワンワン言いながら興奮・・・  するーん あ゛っっっっ ギョっとした
 何故か,あっさりと胴輪が抜けて降雪の中をわぁいわぁい♪と走り去るテンに私は一瞬にしてパニックに陥った。 慌てて呼びながら追いかけつかまえようとする私を見て,テンは「鬼ごっこ?」と喜んだ。 車の通りは少ないものの道路の真ん中で,私とテンの鬼ごっこは続いた。 たぶん1.2分の短い時間だったと思う。

テン君,待って!
あっっ,尻尾まで数センチなのにつかめない!
あっ, もうちょっとだ。
今度こそ・・・・・    ドデン

転んだ。
雪に足をさらわれて,道路の真ん中で,ダイブ! 大文字

 転んだ瞬間,前方に伸ばした私の手の先30センチくらいの所で,嬉しそうな顔したテンがこっちを見ていた。 がっくし
とにかく捕獲!捕獲!私は立ち上がり離れて行くテンに「おやつ」と言い,つまんだふりした手を見せた。 おっ?おやつぅ〜 と喜んで近づいたテンの髭をしっかり捕まえた。

まるで,どうにもならないじれったい夢のようだった。

 土曜日の朝の出来事。日曜・・・月曜・・・ 今  何処と言えぬが体が痛い。

自分の責任を100% 棚にあげて ひとこと言わせてぇ〜

テンの 馬鹿チーン!

ゴメンね。

かん | 10:52 | コメント(4) | テン